過払い金請求ができる時効について

グレーゾーン金利と呼ばれていた時代に借金をしていて、その時に払い過ぎていた利息を
取り返すことができる過払い金請求ですが、いつまでも請求ができるというわけではありません。

 

過払い金請求には時効があって最後の取引があった時から10年以内と決まっています。
出資法が改正された2010年以前に借金をしていた人は過払い金が発生している可能性があるので
簡単に考えると2020年までは過払い金請求をする権利があるということになります。

 

過払い金請求は払い過ぎていたお金を返してもらうだけなのでメリットしかありません。
なので時効になってしまう前に思い当たる節のある人は自分の過払い金について調べてみましょう。
そして、時効になる前に早めの手続きを心がけましょう。

 

このように過払い金請求の時効は最後の取引があった時から10年となっていますが、
借り入れや返済の仕方によってはその判断が難しくなるケースがあります。

 

その一つが完済と借り入れを何度か繰り返しているようなパターンです。
このような場合の過払い金請求の時効はどうなるのでしょうか?

 

ポイントとしては一度完済してから再び借り入れをするまでの期間が関係します。
過払い金請求の時効は最後に取引きがあった時から10年以内です。

 

最後の取引きというのは難しいことではなくすでに完済済みであれば完済した日です。
このケースの場合考えられるパターンとしては一番最初に借り入れをした時から過払い金請求ができるか
一番最後の借り入れ⇒完済までの過払い金を請求することができるかという部分です。

 

それによっては当然戻ってくる過払い金の金額は変わってきてしまいます。
ちなみにどちらのケースでも最後の取引が10年以内という場合は過払い金請求ができます。

 

重要なのは一度完済したことも含めて最初からの借り入れが一つの取引きとして認められるか?です。
そこで一度完済してから再び借り入れをするまでの期間が出てくるわけですね。

 

貸金業者としては支払う過払い金を少なくしたいわけなのでこのようなケースの場合
当然一番最後の借り入れから完済までの取引きを過払い金請求の対象にしたいと思うわけですが
専門家の意見では取引きのなかった期間が数か月程度の場合は全ての取引きを一つの取引きとして
過払い金請求ができるケースが多いようです。

 

しかし、その期間が場合によっては数年となってくると難しいようです。
では、具体的にどのぐらいの期間ならば連続した一つの取引きとして認められるかというのは
個々の借り入れと返済の記録によって裁判所の見解も違ってくるそうです。

 

もし、あなたがこのように完済をしてから再び借り入れをしてまた完済をしてというような
ケースで過払い金請求をしようと思っているのならその空白の期間が短くない限りは
過払い金請求は専門家の手を借りて行ったほうが後々争うことになった時に有利に働くでしょう。

 

なぜなら自分で過払い金請求をすると貸金業者は少しでも返還する過払い金を少なくするために
このような空白の期間のことを挙げて過払い金を減額しようとしてくるからです。

 

過払い金請求を専門家に依頼する場合は目安として着手金0、過払い金報酬20%以下という条件で選びましょう。
全国対応しているという点でみるとアヴァンス法務事務所がオススメです。
初期費用は0円で過払い金成功報酬は16%〜18%で引き受けてくれます。

 

アヴァンス法務事務所の過払い金請求の詳細はコチラ>>>